2012年06月14日

虫採り

梅雨の中休み、今日はとてもいい天気です。
保育園の子どもたちと、近所の公園に出かけました。

公園の隅の方は雑草も生え、今はバッタの赤ちゃんがいっぱいいます。
すばっしこいですが、そんなに飛び跳ねないからか、上手な子は2,3才でも捕まえられるんです。
捕まえて「見て~!バッタの赤ちゃんやで!」と得意顔で見せに来てくれます。
でも、まだ力加減がわからない2歳児ちゃん。
ギュっと持ちすぎて、赤ちゃんバッタはお気の毒なことに・・・なき
手のひらで動かなくなった赤ちゃんバッタを見て、その子も「あ・・」と気がついたよう。
さびしそうな顔をしていました。

そして、モンシロチョウやアゲハ蝶が飛んでくると、年長の子どもたちは大ハリキリです。
捕虫網を片手にダッシュで追いかけていきます。
途中、「先生も手伝って!」と言われるので、網を持って、一緒にダッシュダッシュ
私は、大きめの虫を触るのは苦手なのですが、網で捕まえるのは結構得意なんです。
チョウなどを捕まえると、「○○くーん、カゴに入れて~」とお願いするパターンが多いので、側でカゴを持った年長さんが待機してくれてます。(笑)
今日もモンシロチョウとアゲハ蝶を捕まえました。
2歳ちゃん達も興味津々でやってきます。
捕虫網の中でバタバタと羽を動かしているチョウを見て、網の上からさわろうとしているのを年長さんが「あんまり触ったらあかん。羽がボロボロになって飛ばれへんようになるねん」と教えて、さっと、カゴの中にチョウを移していました。

虫を捕まえたら「やさしく扱ってね」や「後で、元の場所に返そうね」と子どもたちに声をかけます。
すると小さな子は「なんで~?」と聞いてきます。
「そうしないとすぐに死んでしまうのよ」と教えてもピンと来ない様子の子もいます。
捕まえた虫を乱暴にさわったり、カゴの上からトントン小突いたりしていると、虫の元気がなくなってくるのに気づき、そして、私たちが言った意味がわかるようです。
それがわかったら次からは、やさしく見たり、触れたら「逃がしてあげる~」と戻しています。
年長さんたちも、せっかくの獲物(?)を手元に置いておきたいようですが、でも、「虫の命」のことを考えて逃がしてやっています。飼育できる環境が整わないと、命を殺してしまうということがわかってるんですね。

虫採りって、子どもたちにとってとても魅力的なあそびです。
そして、身をもって「命」というものを教えてくれる大切な生き物です。
大人が言葉で「命の大切さ」を伝えるよりも、ダイレクトに自分の心に飛び込んできます。
虫たちには申し訳ないですが(笑)たくさん体験してほしい遊びです。



  
タグ :虫採り


Posted by ゆきたつ at 18:02Comments(0)保育

2012年06月11日

ようこそ明石へ

先週、明石へお引越ししてきたばかりのYくんの保育をさせていただきました。
0才11ヶ月のキリっとしたお目々の僕ちゃんです。
前日に長旅で明石に移動だったようで、少々オネムで到着でした。

お引越し作業の間、私とお留守番です。


朝のうちに、抱っこで近所をお散歩しました。
亀さんを見たり、新幹線を見たりと、の~んびりぶらぶらとお散歩。
亀さんを見て、指さして喜んでました。
お散歩しているうちに、コトンと夢の中へ・・・オツカレだったのね。zzz



ぐっすり寝たあとは、しっかりごはん。
お弁当もミルクもペロリと完食拍手
おいしかったね!







気になるおもちゃで遊び始めるYくん。

シロフォンで音を鳴らしては、私の顔を見て「上手?」というような表情をするので、「上手ね~」と褒めると、クールにまたシロフォンにむかうYくんです。(笑)

絵本も読みました。
読んであげると、じーっと聞いていたかと思うと、今度は自分でぺらぺらとめくり始めてました。
おうちから持ってきてくれた大好きな絵本だそうですよ。
かわいいお話の絵本でした。

そして、親指と人指し指を→←のようにして遊び始めたYくん。
どうするのかな~?と見ているとかわいいポーズピカピカ
お茶目な一面も見せてくれました。メロメロ

ちょっと驚いたのがこのポーズ。
しっかり歩けるYくん、ときどきこんな感じで長い時間しゃがんでました。
フラつくことなく、安定感がありますオドロキ
11ヶ月ですごいね~。足腰がしっかりしてるんやね。
因みに私はこんなふうにしゃがめません。
すぐに尻もちをついてしまいます(笑)アセアセ

やはり、初めての人、場所なので時折、大泣きをしたYくんでしたが、泣きながらも、ときどき笑顔も見せてくれて、私とあそんでくれました。
ほんとに初めてのお留守番をよくがんばりました。
ママの顔を見た時の、ホッとしたようなそして大喜びの笑顔が印象的でした。

Yくん、明石でもいっぱいあそんで、いっぱいお友だち作ってね!
  


Posted by ゆきたつ at 17:56Comments(0)チャイルドマインダー

2012年06月07日

年長さん

久しぶりにRちゃんがビスケットに遊びにきてくれました。

保育園にお迎えにいくと、背も髪も伸びたRちゃんが待っててくれました。
思わず「大きなったね~オドロキ 」と言っちゃった(笑)
「年長さんになってんで~」とRちゃんに言われて、「あぁ、そうか~」と納得(笑)
私の中では、なぜか3才のRちゃんのイメージがあるので・・・子どもの成長は早いなぁと、しみじみ思ってしまいました。

おなじみの制服が小さくなったような気がします(笑)



さっそくRちゃんルームを作ってました。
今日は、ママの会社の事務所だそうです。









まだ外も明るいので一緒に公園へGOダッシュ
「ゆっこさ~ん、こんなんできる?」と鉄棒にぶら~ん
「できるよ~」とやってみたら、腹肉にググっときますなぁ(笑)アセアセ


公園で遊んでいると、2才くらいの男の子がおばあちゃんと遊びにきて、Rちゃんと遊びたそうに寄ってきました。
花壇で、ダンゴムシを探して見せてあげるRちゃん。
男の子が触りたがったので、「お手々出して」と言って、やさしく手を添えながらダンゴムシを男の子の手にのせてあげてました。
男の子がダンゴムシを落としてしまうと、さっとつかまえて、また、のせてあげてました。

小さい子におねえちゃんらしく接してるRちゃんの姿をみて、何だかうれしくって、そして少しさびしくって?(笑)
長いおつきあいのRちゃんなので、ついついそんな気持ちになってしまいました。

もう年長さんだもんね。
だんだんと大きくなっていくんだもんね。

Rちゃんの成長した姿がうれしかったひと時でした。  


Posted by ゆきたつ at 17:51Comments(2)チャイルドマインダー

2012年06月04日

10ヶ月ちゃんズ

先先週になりますが、同年同月生まれの10ヶ月の赤ちゃんたちを保育させていただきました。
左は、訪問保育に行かせていただいていたY君。久しぶりに会いました。
私のことも、覚えて居てくれたようでうれしかったです。
右は癒しの笑顔のHちゃん。
ニコッとかわいい笑顔で寄ってきてくれました。
相変わらず、フレンドリーなHちゃん。
「はーい」と手をあげたり、ハイハイであちこち見にいってました。


もちろん、初対面の二人ですが、どちらも泣いたり嫌がったりせずに、気に入ったおもちゃで遊んでいました。




Y君がブロックを持ってカチカチと鳴らして遊んでいると、Hちゃんも同じようにマネをして、二人で「おっおっ♫」と言いながらカチカチカチ拍手



Hちゃんが、絵本棚を支えに、つかまり立ちをすると、Y君も寄っていって同じようにつかまり立ちをしていました。
二人で長い間、立ったまま、顔を見合わせたり、ぴょんぴょん弾んでみたりと楽しそうでした。

ごはんもしっかり食べましたよ。
Y君はこの春から保育園に行き始めたからか、体も大きくなって、食べるのもワイルドだぜぇ(笑)
両手におにぎりとおかずを持って、自分のペースでモリモリ食べてました。
おいしいお弁当もすぐにごちそうさまでした。good

Hちゃんも、スプーンを持たせてあげると自分ですくったり、大きなお口をあけてはパクっと食べて、気持ちのいい食べっぷり(笑)OK

ごはんを食べてからも、絶好調の二人でした。

やっぱり、子どもは子ども同士ですね。
10ヶ月なので、「一緒にあそぶ」という感覚ではないでしょうが、お互いに同じことをして、共感しあっているようでした。
私がヘタに入らなくても、二人でなんとなく同じように遊んで、目が合えばニコっと笑っているのが印象的でした。

ちなみにこれは午前睡のとき
二人並んでねんねです。zzz
とってもかわいい寝顔でした。


同時に同い年の赤ちゃんを保育させていただき、私もまたまた勉強になりました。
至らないトコロもあったかもしれませんが、二人のかわいい笑顔やあそぶ様子を楽しませていただきました。
Hちゃん、Y君、どうもありがとうね。また、あそぼうねニコニコ
  


Posted by ゆきたつ at 16:52Comments(0)チャイルドマインダー